MENU

専業主婦がキャッシングを始めるには

キャッシングの利用目的で、一番多いのが「生活費を補うため」というのが最も多く、一時的な生活費の不足を補うために利用する主婦が増えています。
利用の仕方として「キャッシングの契約をしておいて急な出費にそなえておく」という方が多いようです。

 

◇消費者金融でキャッシング借りるには

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンなどで申込ができますが、消費者金融やクレジット会社でキャッシングをするときは、総量規制により年収がなければ原則申込できません。
兼業主婦のようにパートやアルバイトなどで収入を得ていれば、消費者金融でも銀行カードローンでも申込ができます。
ですが、専業主婦の場合は収入がないため、原則消費者金融での申込はできません。
ただし、総量規制の「配偶者貸付制度」では配偶者の同意を得て、配偶者とあわせた収入の3分の1までは貸出しをしてもよいことになっています。
ただ、「配偶者貸付制度」はあるのですが、調査や審査に時間がかかってしまい、採算が取れないことからこの申込を中止、または廃止にしているところがほとんどで、実際は利用できない状況になっています。

 

◇専業主婦が利用できるのは銀行カードローンのみ

銀行のローンは総量規制の対象外となるので、消費者金融のように年収による制限はなく、
審査通れば、本人の収入に関係なくお金が借りられます。
しかし、実際のところ本人に収入がないと申込めない銀行カードローンがほとんどなのですが、なかには専業主婦を対象にしたカードローンもあります。
ただその場合でも、ご主人に安定した収入があることが前提条件で、
たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は30万円まで、みずほ銀行カードローンは30万円、イオン銀行カードローンは50万円など、本人に収入がなくても申込ができるカードローンがあります。

 

◇申込で不利になる条件が有る

審査は一般の申込と同じで、審査条件に当てはまらないと審査には通りません。
案外気づかないのが、クレジットーカードなどの返済を怠っていた事があることで、
個人情報の利用履歴に遅延などが記載されてしまい、それが原因で審査に通らなかったということもありますので注意が必要です。