MENU

即日融資と即日審査の違いってなに?

カードローン会社のホームページに「14時までに審査が完了すれば即日融資可能!」とか「インターネット申し込みで即日審査可能!」などと書かれているのを見た事が有ると思いますが、「即日融資」と「即日審査」と同違うのかを知っておく必要があります。

 

◇即日融資は申込をしたその日でも融資が可能

大手消費者金融はもちろん、銀行カードローンの中でも即日融資に対応しているカードローンがあります。
即日融資は申込をしたその日にお金が借りられるというサービスで、即効で借りられるというところに人気があります。
申込方法は、インターネットから申込みをして口座へ振込をしてもらう方法が主流になっていますが、一般銀行の口座は午前9時から午後3時までが営業時間なので、その時間内に契約を済ませる必要があります。

 

しかし、無人契約機なら土日祝日にでも営業をしており、午後9時から10時までの営業になっているので、銀行の営業時間外でもお金が借りられます。
たとえば、大手消費者金融全般、新生銀行グループの「レイク」、三井住友銀行カードローンは即日融資が可能なカードローンとして定評があります。

 

◇「即日審査」は要注意

即日審査というのは、「申込をしたその日に審査がおこなわれる」ということで、あくまでも審査が得られるだけです。
仮に当日中に審査回答があっても、すぐに融資されるということではありません。
カードローンのホームページで「即日審査可能」と書かれているので、すぐに借りられると思って申込をしたけれど、融資までに一週間以上かかったという場合もあるので、注意が必要です

 

即日審査結果が当日中にあったとしても、その後書類が郵送で送られてきて、契約書に必要事項を記入し、書類を返送して審査に通ればカードが送られてくる、といった流れになりますので、早くても1週間以上は必要になります。

 

また、即日融資が可能な銀行カードローンには、申込先の銀行に口座を持っていることが条件のところもあります。
口座開設をするまでの時間を含めるとやはりそれ相応の時間がかかってしまうので「即日融資」も限定されます。
いずれにせよ、あわてて申込をすることは、後々後悔することもあるので、申込前には時間をかけて、慎重に選ぶことが重要になります。