MENU

カードローンの申込条件

普段の生活の中において、金を借りなければならない事が1度や2度、誰でもあると思います。
そんな時、キャッシングを利用するのもひとつの方法です。
キャッシングは一度契約をしておけば、お金が必要なった時いつでも借入が出来る便利なシステムです。

 

◇消費者金融、銀行カードローンどちらにするか。

キャッシングを始めるには消費者金融へ申込をするのか、銀行カードローンを利用するのかを決める必要があります。
すぐにお金が必要といった緊急性のある場合は消費者金融がおすすめですし、
「どうせ借りるなら出来るだけ金利を低く抑えたい」という場合は金利の低い銀行カードローンがおすすめです。
キャッシング会社が決まれば、あとは申込をするだけです。
消費者金融でも銀行カードローンでも申込方法はほとんど同じなので、一通りの流れがわかっていれば心配はありません。

 

 

◇申込前に確認しておきたい事

キャッシングの申込は、審査で必要になる書類があります。
書類とは、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)申込者が本人であることを証明する書類のほか、借入希望額によっては収入証明書類が必要になります。
また、カードローンによっては申込先の銀行に口座を持っている必要がある場合もあるので、事前に調べておきましょう。

 

◇申込から融資までの流れ

インターネットから申込みをした時、申込書に必要事項を記入して送信すると、仮審査がおこなわれます。
仮審査が終わるとすぐにメールや携帯電話に審査結果や融資限度額の案内があります。
その内容を確認して続いて契約を進めるのなら、携帯カメラやスキャナを使って必要書類の画像保存したものをメールに添付して送信します。
書類の送信が完了すれば本審査が始まり、在籍確認などがおこなわれ、最終的に契約書を確認して契約完了となります。

 

即日融資が可能ならすぐに口座へ振込をしてもらい、キャッシュカードを使ってお金が引き出せます。
多くの銀行カードローンは、書類やカードが郵送になるので、お金が借りられるまでに5日から10日を要するカードローンもあります。
銀行カードローンのメリットはなんといっても金利の安さで、急ぎでお金が必要でなければ時間をかけて、より安い金利で利用できるカードローンを探すのがポイントです。